もちさん奮闘記

雑記だよっ(*゚▽゚)ノ

私と3本入りちくわの戦い

f:id:Moti:20170816183156j:plain

朝、起床。お昼ごはんにと買い置きのカップラーメンを会社へ持って行こうとしたが、ストック切れでパンもない。冷蔵庫を開けると、燦然と輝く3本入れのちくわを発見。5回ほど冷蔵庫を開け閉めし現実がバグって、ちくわ叙々苑の焼肉弁当にならないものかと試行錯誤したが、ちくわは相変わらずちくわであった。なんとも言えない感情が泉の様に溢れ出す。これがちくわ・・・ちくわの感情か・・・。

 ちくわの感情とちくわを持ち込み自動車で会社へと向かう。昼飯が「ちくわ」とてもお洒落だ。ふと気がつくと走っている自動車が、なぜかちくわに見える。何かがおかしい。歩いているオッサンもちくわ 姉さんもちくわ 女子高生はJK 上司も後輩もちくわなのだ。どうやら、私はとんでもない所に迷い込んでしまったようだ。

ああだちくわこうだちくわ言っても仕方ないので、真面目にちくわ仕事をする。そうして訪れるお昼休み。決戦の場だ。

 

f:id:Moti:20170816183758p:plain

 

ポ○モン風のBGMが、どこからか流れてくる。焦るんじゃない、俺は腹が減っているだけなんだ。1本目のちくわは、丸ごと口に押し込む。2本目のちくわはハムスター食い完全な作戦である。しかし3本目のちくわに苦しみ、まさかの敗北を喫する。犬も歩けばちくわに当たるとはこのことか。私の目の前が真っ暗になる・・・嗚呼、横からのスイカ食いが正解だったのか_(:3 」∠ )_ バタッ

 

 

 

 

 

_(ˇωˇ」∠)_ スヤァ…

 

 

 

 

上司「おい起きろぉぉぉおお、13時だぞ!!仕事だ!!」

 

もち「ひ・・・ひゃぃ!!」 

 

 完(?)